看護師やめたい時に見るサイト

SERCH

転職カウンセラーに相談して「看護師」という仕事への想いを再確認

作成日:2015年6月8日カテゴリー:労働環境, 転職・退職体験談

転職というものは、一人で行うには非常に難しく大変なものです。 転職を経験した方も、友人の紹介であったり、勤めていた会社がフォローしてくれたり、転職エージェントのサポートがあったりと他の人の力を借りて転職した人がほとんどなのではないでしょうか。 看護師の場合も同様です。しかし看護師が転職をする場合、女性の多い職場ということや、人手不足や激務という環境もあってなかなか相談しづらく、相談する人もなかなかいないのではないでしょうか。 時には上司にこっぴどく叱責されたり、時には大失態を犯したり「看護師やめたい」と思うこともあると思います。 そんな時に相談できる人がいない!という看護師に利用して頂きたいのが転職カウンセラー・転職コンサルタントなのです。 看護師の場合、転職の多い業界ということもあり、多くの看護師専門の転職サイトが存在します。 その転職サイトには看護師の転職を専門に扱ってきた転職カウンセラー・転職コンサルタントが常在しています。 中には元看護師で「自分が転職に失敗・苦労した経験を生かして看護師の方に気持ち良く転職して欲しい」と転職コンサルタントになった方もいます。 そんな経験豊富なカウンセラー・コンサルタントが無料でサポートしてくれるのを利用しない手はありません! 今回紹介する体験談は都内の大型病院に勤務していたSさんの体験談です。 大型病院ならではの激務や苦労に精神的に参ってしまい、「看護師に向いていない」「看護師を辞めたい」「クリニックの方がいいのではないか」など毎晩のように悩んで行ったようです。そんな事をきっかけに転職を思い立ち、利用した転職サイトのコンサルタントに「看護師という仕事」についてもう一度考えさせられたのでした。 もっと早く看護師転職専門コンサルタントに相談すればよかった…

改めて総合病院病棟のやりがいを感じた転職

都内在住 30代 Sさん 大型総合病院から別の大型総合病院へ転職

大型病院は給料は良いけどその分激務

私は昨年、転職を経験しました。 現職、前職ともに大型の総合病院の病棟勤務です。 今日は私の転職体験を書いてみます。 まず圧倒的に辛かったのは、不規則にやってくる夜勤でした。 1日の半分以上も病院に缶詰めだし、勤務していた病院が、完全に人手不足な上に介護などの業務も伴っているため、ナースコール鳴りっぱなしで、一瞬足りとも休めない状況でした。 新卒当初は一番恐れていた人間関係も、気にしている暇がない程忙しく…いいのか、悪いのか。という感じでした。 ただ、ボスは存在するので、そこの人間関係だけは確実に抑えておかなければいけないのですが。それが出来ていたから大丈夫だったのかな。笑 今振り返ると「よく何とかなっていたな」と思う日々でした。

配置換えに怯える毎日

あと、結構大きな病院なので、配置換えが怖かったです。 いきなり、苦手なところに替えられたら正直どうしようと毎日ビクビクしていました。精神とか、小児とか。なりませんように。と、毎日祈る日々を送っていました。 怯えながら過ごす毎日が本当に嫌で「辞めよう」「転職しよう」と思ったことは1度ではありませんでした。 しかし、激務のせいで考えたり行動したりする余裕もなく、ただ毎日が過ぎて行きました。

転職のきっかけは精神的なダメージから

文句ばかりで前置きが長くなってしまいましたが、私が転職したキッカケをお話します。 病棟勤務であれば誰でも経験の有ることなのかもしれませんが、自分の夜勤の時間帯に患者さまが亡くなるのが頻発したことが転職のキッカケになりました。 私のミスとか人的要因では勿論無いのですが、あまりにも患者さまが亡くなることが頻繁すぎて、ノイローゼになってしまいました。 私が、夜勤じゃなかったらこの患者さまは亡くならなかったのではないのか。とか、決して自分のせいではないのに訳の分からないことまで思ってしまった時があり、精神的にきつかったですね。 亡くなるわけもない病状で安定した患者様が急変した時はパニックになってしまいました。そんな事が毎夜勤あり本当に辛かったです。 本当に私が病んでしまって「看護師に向いてないんじゃないか」「クリニック勤務の方が嫌な思いは少ないんじゃないか」とか仕事中にもずーっと悩み続け、上の空で仕事をしていたと思います。 このままでは自分自身も患者様に対してもダメだ、いつか何か大変な事を起こしてしまう、と思い立ち転職を決意しました。 ハローワークに行く気力もなかった私はとりあえずインターネットで転職サイトに幾つか登録してみました。 何となく一番最初に連絡が来た転職サイトの方とコンタクトを取るようになり、転職したいという話を聞いてもらいました。 「どうして転職したいのか」転職したい理由をまず最初に聞かれ、正直に「辛い」ということを伝えるとコンサルタントの方は意外にも親身になって話を聞いてくれたのでした。 話をするまでは転職コンサルタントというのは「それならこういう病院ならどうか」「こういう条件があるけど働いてみないか」などただ転職させたいだけの存在だと思っていました。もちろんそれが転職コンサルタントの方の仕事なので当然で当たり前のことなのですが。 しかし、私が辛いと思っていた事を親身に聞いて貰い、転職の相談ではなく仕事面の悩みから聞いてくれて、コンサルタントというよりカウンセラーのようで、相談しているうちに泣いてしまい、でも心がふっと楽になりました。 転職したい側、斡旋する側という関係だったのですが、本当に友達のように親身になって頂けました。 それからは仕事を続けながら転職活動を続け、時にはカウンセラーの方に愚痴を言ったりしつつ、、自分の希望通りの転職をする事が出来ました。 自分一人であの時のままだったら今どうなっているかと思うと恐ろしいです。笑 まぁ、そんなこんなを繰り返しながら、今でも看護師を続けて、時には愚痴を言いながら、たまに激務にへこたれながら、そしてお世話になる病院をかわりながら。なんだかんだで続けています。やっぱり、好きですもん。看護師を。この仕事を。キツいけど。笑 最後に!お世話になったカウンセラーの方のためにも私が使った転職サイトを宣伝しておきます!笑 看護のお仕事です!この記事を読んだ転職を考えている看護師さん、登録だけでもしてみてください!笑
何かと精神的に参ることも多い看護師ですが、いざというとき専門家に相談できる環境というのは大切ですよね。 転職サービスは転職するためだけに利用するものではありません。 気軽に人間関係、キャリアについての相談に乗ってもらい、解決手段の1つとして転職や他業界へのジョブチェンジがあるとお考えください。 今回Sさんが利用した転職サイトは看護のお仕事です。 『サービス満足度 No.1』『コンサルタントの対応満足度 No.1』『友達に進めたいランキング No.1』の3冠を達成した転職サイトで、Sさんの体験談を聞いていると3冠を達成したのも頷けます。転職祝い金も貰えるので是非利用してみてください。 看護のお仕事
LINEで送る

看護のお仕事