保育士を辞めたい50の悩み

SERCH

保育士からマスコミ業界に転職!?ワークスタイルは人それぞれ

作成日:2015年8月31日カテゴリー:人間関係, 転職活動タグ:,

保育士からマスコミ業界に転職

保育士、看護師、薬剤師など女性の多い職場では人間関係にストレスを感じる人が非常に多いと言われています。

また、資格ありきの職業のため、転職活動の際にも同じ業界の求人ばかりを見てしまい、視野が狭くなりがちです。

本日は保育士とは全くのべつ業種であるマスコミ関係に転職した、Aさんの体験談をご紹介します。

短大を卒業後、公立の保育園で臨時職員として2年間勤めました。

保育士3人態勢で2歳児一クラスを受け持っていましたが、子どもたちも素直で可愛くて毎日大変でしたが癒されながら働いていました。

しかし、ベテラン保育士内で特定の人に対していじめがあり、止めることも見ていることも出来ずに保育園を辞めることにしました。

そこから、知人の紹介でマスコミ系の一般企業へ転職し、4年間事務職で働きました。

職務内容は総務全般と経理補助で最初は事務経験が無かったので不安でしたが、いざ入社してみると人間関係や環境に恵まれていた事もあって、手取り足取り教えて頂けたので、4年間なんとか働くことができました。

残業や休日出勤が多い仕事だったので、結婚を機に退職することになりましたが、保育士以外の仕事が出来て本当にいい経験が出来たと思います。

今は育児中なので、なかなか仕事を見つけるのは難しい状況ですが、また働くとすると、機会があれば保育士より事務職にまた就きたいとは思います。

私は今年で30歳になりますので、体力や年齢の事もありますし、何よりも事務作業に私自身とてもやりがいを感じました。

ただ、強いて言えば事務職はデスクワークが基本なので運動不足になりがちで、保育士の方が動く機会が多くてストレスも溜まりにくいかもしれません。

給与面では断然一般企業の方がいいと思います。基本給は保育士の時と比べて2、3万円多いぐらいですが、ボーナスが驚くほど違いました。

保育士の時は1回は1ヶ月分ぐらいでしたが、企業によってそれぞれ違いはあると思いますが、私の勤め先の企業では1回2.5ヶ月分ぐらいありましたので、モチベーションもだいぶ変わりました。

若い間に色々チャレンジできて良かったと思います。

Aさんの体験談は保育士として限界を感じている方には非常に参考になるものだったのでは無いでしょうか。

どうしても人間関係が辛い、転職活動がうまくいかないという方は、一度保育業界から離れてみるのもひとつの手段かもしれません。